06-4250-9233
06-4250-9234

すべては患者さんのために

当院について

私たちの想い

より良い環境で必要とされる医療を提供するために

厚生労働省による「人生の最終段階における医療に関する意識調査報告書(平成29年度)」によると, 一般国民の6~7割が最期を迎えたい場所に「自宅」と答えています。しかしながら,実際は自宅で最期を迎えた方はわずか13%(平成27年)で,7割以上の方が病院で亡くなっています。上記のデータが示すことは,自分の希望に反して大勢の方が病院での死を余儀なくされているということです。我々はこの現実を変えていきたいと考えています。

日頃の体調や持病を管理することで病気の悪化を予防し,異常の早期発見・早期治療に繋げ,最期まで安心して,笑顔で,穏やかに過ごせるよう支援します。そのために患者さん,ご家族,そして様々な医療・介護関係者と協力して, 質の高い在宅医療を作り上げていきます。

最期まで自宅で過ごしたいと願う方々が,自分らしく笑顔で過ごせる社会を創ることができるよう,これからも在宅医療に取り組んで参ります

私たちの目指すところ

【ビジョン】 

患者さんが自宅で最期まで安心して,笑顔で,穏やかに過ごせる社会を目指す

【ミッション】

質の高い在宅医療を提供し,地域社会・地域医療の発展に貢献する

【理念】

【沿革】

2016年6月 大阪府守口市にたいようさんさん在宅クリニックが開院
2016年10月 機能強化型在宅療養支援診療所となる
2017年2月 在宅緩和ケア充実診療所となる

【スタッフ紹介】

医師:白 成栽 はく すんじぇ

韓国系オーストラリア人で20歳から日本に来ました。大阪大学医学部を卒業後,市立豊中病院で初期研修。国立病院機構大阪医療センターを経て,大阪大学医学部附属病院にて放射線治療学を専攻。同大学院で医学博士取得。

放射線治療は全身の癌を放射線で治療する科で,各種癌の患者さんの治療や緩和ケアに携わるうちに最期まで主治医として患者さんをサポートしていきたいという思いを抱き,在宅医療の道に進むことを決意しました。病気だけでなく,患者さんの人生をより豊かにするため,予防医学,漢方医学,運動療法,食事療法,精神療法なども活用し,薬だけではなく,生活環境の是正を通して,より健康で安心な生活ができるようにサポートします。

趣味:食べ歩き,旅行,映画鑑賞

所属学会:日本在宅医療連合学会、日本緩和医療学会、日本抗加齢医学会、日本東洋医学会、日本癌学会、日本医学放射線学会

医師:竹藤 晃介 たけとう こうすけ

以前は大阪大学などで放射線治療によるがん治療や緩和治療に従事しておりました。その中で在宅医療の意義や重要性を感じ,またそれが自分の性に合っていたこともあり訪問診療医・家庭医として歩むことにしました。

一人の人間として,医師として,責任を持って支え続けます。何でも気軽に相談できるホームドクターとなれるよう。生涯にわたって楽しんで学び続けます。社会に還元できるよう。

医師,博士(医学)

所属学会:日本在宅医療連合学会,日本緩和医療学会,日本医学放射線学会ほか

趣味:山岳活動(登山・沢登り),フリークライミング,海外放浪,温泉巡り(一緒に楽しみを語れたらうれしいです)

応援医師:佐木山(大阪大学神経内科)

看護師:藤原

看護師:廣見

看護師:山村

医療事務:佐野

医療事務:三原

【アクセス】

【対応可能な処置や管理】

【主な紹介元および連携病院(50音順)】

当院における個人情報保護方針

  1. 個人情報の収集について
    利用目的の達成に必要な範囲内で,患者さんの個人情報を収集いたします。
  2. 個人情報の利用および提供について
    患者さんからからあらかじめご了解をいただいている場合,法令等に特別の定めがある場合,その他正当な理由がある場合を除き,患者様の個人情報を利用目的の範囲を超えて利用または第三者に提供いたしません。
  3. 個人情報の管理について
    当院は,個人情報の正確性及び安全性確保のため,適切かつ合理的な安全対策を実施いたします。
  4. 個人情報の開示・訂正・利用停止について
    患者さんがご自身の個人情報について開示・訂正・削除などをご希望される場合には,ご本人であることを確認の上,遅滞なく当院の手順に従って対応いたします。
  5. 法令・規範の遵守と見直しについて
    当院は,保有する個人情報に関して適用される日本の法令,その他規範を遵守すると共に,上記の活動について,内容を継続的に見直し,改善に努めます。